資格試験に勝利するための勉強法を紹介します。 どんな試験にも使える内容を目指します。

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年08月05日

■締め切りを決める
さて、これから不定期ですが、資格試験に合格するための様々な方法や心構えを述べていこうと思います。

はじめに「どんな試験にいつ合格したいのか」ということを明確にすることが大切です。

実は、試験勉強をやっているとは言ってもこの部分をあいまいにして取り組んでいる人が意外に多いのです。

中には試験勉強をやっているというだけで満足している人もいます。司法試験や会計士試験など多くの難関国家試験といわれるものに関しては、その勉強をしているというだけでステイタスを感じる人がいるのです。

これは大学受験も同じで、難関大学を目指して何浪もしている人などはこの部類に入ります。


試験は合格しなければ意味がない。という人もいますが、私は合格だけでなく試験勉強の過程の中で得られる副次的なものに価値がないとは思いません。

だから合格がすべてであるという極端な考えはとりませんが、それは

「合格しなくてもいい」ということではありません。


さて合格のための努力をし、結果を手に入れる。そのためには必要な方法や考え方、行動様式があります。

試験に落ちていく人にはやはり共通の特徴があります。それについても述べていくことにします。

最初の作業は

1 何の試験に合格したいのか

2 その試験の試験日、試験年はいつなのか

この二つを明確にしてできれば紙に書いてください。

それがあなたの資格試験の勉強の締め切り日となります。

まずはこうして締切日を決めてください。



『最速短期合格に導く資格試験7つの勉強法』






スポンサーサイト

2007年08月07日

■目標をいつも意識する
自分の目標やその達成期限を紙に書くということは実は一般のビジネス世界でもよく行われています。

そこに書かれた目標、そして期限を毎日見ることが必要です。

よく目標を壁に大きく書いている人がいますが、あのように毎日目標を意識し続けるということが実はとても大切なことなのです。


基本的に合格できない人、失敗する人は「継続」ができない、といわれます。

何をやっても続かない人がいますがそのような人はそもそも「気持ちが切れているのです」

ふと「やらなければ」と思ったりすることもあるのですが、その気持ちが続かないのです。

それを継続させるために、毎日目標とその期限を見ることが大きな効果を生みます。是非、実践してみてください。


もちろん、紙に書いて眺めているだけで目標が達成され、試験に受かるわけではありません。

しかし、今まで何かをやろうと決めながら継続できなかったときのことを振り返ってみてください。

必ず「途中であきらめた」「ほかの事に目が行った」「やる気が続かなかった」「どうでもよくなった」などというように心の中に「合格したい試験やその期限」が根付いていなかったのではないでしょうか。

また、目標そのものに迷いがある場合にも、気持ちの継続は難しくなります。

なにより決意を固めてください。


試験日までは何が何でもやり続ける、そう心に誓ってください。

そして自分で紙に書いた目標を、必ず少しの時間でもいいので毎日見てください。

そこから全てがスタートします。




楽しくてたまらない!今日からできる記憶法・勉強法 全332ページ (本編+特典:228ページ 追加特典:104ページ(PDF版)


 | Blog TOP | Next >>

プロフィール

勝ち組の勉強法

Author:勝ち組の勉強法
合格できない勉強法や心構えでいくら時間やお金を使っても無駄です。
資格試験の指導歴20年のベテランが合格する勉強法を紹介します。
またたくさんの合格者や不合格者に共通の特徴もお伝えします。

お薦めの本

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。